安達太良山・達沢不動滝の感想と紹介!

旅log

この記事はこんな方の役に立つかも!

  • 安達太良山に行こうかなと思っている方
  • 達沢不動滝に行こうかなと思っている方
  • 自然が好きな方
  • 福島旅行を検討している方

こんにちは、blueです

今回は、福島の安達太良山・達沢不動滝に行ってきました!

スポンサーリンク

達沢不動滝

福島駅付近から、車で向かいました

有料道路を使わず、1時間程で到着します

中ノ沢温泉から車で約5分+徒歩約10分で行ける、滝元に不動尊を祀る人気の高い美しい滝です。岩肌に沿って水がスダレのように流れ落ちる勇壮な男滝と、その西側にひっそりとたたずむ優美な女滝が好対照を見せています。新緑や紅葉の季節はもちろん、冬季には厳しい冬の寒さがつくりだした神秘的な世界をみることができます。冬の時季は積雪のため車で駐車場まで車で行くことはできませんが、途中からスノーシューを履いて滝まで行くことができ、年を通じてファンが訪れます。いなわしろ新八景、第二番に指定されています。

達沢不動滝

駐車場に到着すると1枚目の写真のように入り口が見えますので、迷うことなく歩き始めます

情報通り、10分程、歩いていくと、目的地らしきところに到着

左手には、3枚目のように女滝が!

なぜか流れがスローに見えます、優雅です

そして、正面にはこちら!

達沢不動滝

美しい!

水量も充分、迫力もあり美しいです!

滝、よいですよね、惹かれます!

そして癒されます!

手すりの柱にカメラを固定して、シャッタースピードを長くして撮影できます

ちなみに、私が使用しているカメラは、「Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7」

EOS Kiss X7 - キヤノンカメラミュージアム
キヤノンのレンズ交換式デジタルカメラ、デジタル一眼レフカメラ、EOS Kiss X7をご紹介しています。

小さくて軽いので、旅行に持って行って写真を撮りたい方におすすめです

私は、せっかく持っていても持ち歩かなくなったらもったいないなと思い、購入しました

現在購入できる後継機種はこちら


【送料無料】キヤノン Canon EOS Kiss X10 EF-S18-55 IS STM レンズキット [ブラック] 一眼レフカメラ【新品・国内正規品・ダブルズームキット箱】

ご参考まで

しばらくゆっくり鑑賞したい気持ちもありますが、車に戻り、次の目的地「安達太良山」へ

安達太良山

「達沢不動滝」を出発し、「あだたら山ロープウェイ山麓駅」へ

40分程で到着します

駐車場は無料です

近づくと案内の看板が見えてきますので、迷う心配もありません

標高1700mの安達太良山は日本百名山の一つに数えられており、多くの登山客に愛されています。ロープウェイを利用すると約1時間半ほどで山頂に到着するため、登山初心者や家族連れでも気軽にトレッキングを楽しめるのが魅力です。
また紅葉の名所としても知られており、毎年9月下旬から10月は多くの人で賑わいます。安達太良山に源泉を持つ岳温泉から奥岳登山口までは車で15分ほどと、手軽に自然を満喫することができます。

安達太良山について

到着したら、早速ロープウェイ(往復1,750円)で「安達太良山ロープウェイ山頂駅」へ

福島県・磐梯朝日国立公園 あだたら高原

こちらのロープウェイは、8:30~16:30で運行しています

山頂までは、約6~10分で到着します

あいにくの曇天ですが…

山頂目指して出発です

山頂駅を出ると、山道マップがあります

行程を確認し、山頂を目指します

登っていくと、予想よりも早く雨が降り始めてしまいました…

断続的に降り続ける雨の中、登り続けます

1時間程登り続け…

山頂に到着!

とても視界が悪い!

しかし、天候の悪い中、達成感はあります

本来はこの後、「沼ノ平火口」に行く予定だったのですが、

この天候では、行っても火口を見ることはできないと判断し、断念…

「沼ノ平火口」も楽しみにしていただけに残念!

しかし、天候が原因では仕方ありません

気持ちを切り替え、怪我に注意しながら下山しました

今回は残念ながら天候には恵まれませんでしたが、雨天での登山経験が得られ、

悪天候ならではの経験、景色を見ることができ、楽しむことはできました

後に、よい思い出になりそうです

次回、また機会があれば、天気に恵まれることを祈ります!

高齢の方もいらっしゃいましたし、そこまで体力に自信のない方も楽しめると思いますので

興味ある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか

今回の投稿でも、できる限り参考にできそうな情報を盛り込んだので、1人でも多くの方のお役に立てましたら嬉しいです

それではまた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅log
スポンサーリンク
スポンサーリンク
blueをフォローする
スポンサーリンク
bluey blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました